top of page
検索
  • 執筆者の写真和泉屋

柘榴

原産地は中近東の乾燥地帯で,各地で栽培されている夏緑広葉樹です。渡来時期は定かでありませんが,平安時代には栽培されていたようです。中近東ではブドウとともに古くから栽培され,高貴な果物として古くから尊ばれてきました。日本では,酸味が強いためか,人気は今一つのようです。時折,庭に植えられた木を見かけますが,果樹というより観賞用の花木なのでしょう。秋になっても,果実は木にぶら下がったままです。このザクロの木は子供が幼稚園で貰った。ザクロの種を植えたザクロが成長した写真です。

おっちゃんの食べた記憶では、やはり酸味が強く美味しくなかった。😥でも、よぉ~成長したのぉ~柘榴でした。嫁さんの畑にてです。

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page