top of page
検索
  • 執筆者の写真和泉屋

子供の日

もともと5月5日は『端午の節句』で、男の子の健やかな成長や幸せを祈って、お祝いをする日でした。1948年に、5月5日を『子どもの人格を重んじ、子どもの幸福をはかるとともに、母親に感謝する』お休みの日と決めてから、端午の節句の日が、子どもの日にもなったそうです。そのため本来は男の日のための日だったけれど、今では子どもたちみんなを祝いするようになりました。子どものお祝いだけじゃなくて『お母さんに感謝する』という意味もあったんですね😏ちなみに、5月9日は母の日ですね😛


今年は若鯉が頑張ってますねぇ~

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page