top of page
検索
  • 執筆者の写真和泉屋

ディーゼル電車で行きたい『泣き別れ』

三次に転勤になり、気づいたことが有ります。馬洗川、横184号線を走るのですが、川の流れが尾道と違う、三次市内方面へ流れている?中国山脈はまだ向うなのに何故?分からんので、ググってみました。馬洗川は、世羅台地を源として三次市粟屋町地先で江の川に合流する、江の川の1次支川です。そして江の川は、北広島町阿佐山を源として広島県と島根県の両県にまたがって流れ日本海にそそぐと、なるほど❕だから、日本海側に流れているんですね😜一つ賢くなりました。又、こんなことも知りました。三次駅から江の川(広島県内では可愛川)沿いになり、県道の拡張のために経路が変更された上川立駅~甲立駅間を走行し、ここで芸備線で最長の郷原トンネルを通過する。向原駅の北側で「泣き別れ」と呼ばれ中央分水界を超えるが、標高214mと比較的低い場所にあり、かつ平地にある。だから、ディーゼル電車で缶ビールを握って行きたい『泣き別れ』でした。


ひとしず落ちた雨でさえ、半分は南あとは北泣き別れとはようゆうた・・・です。😏

西城川の水は馬洗川に合流し、江の川を経て日本海にそそいでいますなぁ~😏


閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page