top of page
検索
  • 執筆者の写真和泉屋

COVID-19の大流行で浮上したイベルメクチン

イベルメクチンは今、新型コロナ(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)で再び世界中の注目を集めています。試験管レベルの研究で、新型コロナウイルスがヒトの細胞内で増殖する際に、ウイルスのたんぱく質の核内移行を妨害し、増殖を抑制することがわかったからです。又、フジテレビ系の情報番組バイキングMORE」は10日、新型コロナウイルスによる医療逼迫(ひっぱく)を防ぐため、専門家の提言を紹介した。この中で長尾クリニック院長の長尾和弘医師感染症法の分類を引き下げるよう訴えると、ツイッターなどには賛同する発言があふれ、「バイキング」がトレンドワード入りしました。長尾院長は現在、また「イベルメクチンという特効薬があって、誰でも使える。疥癬(かいせん)の治療で普段使ってる薬。なんだって😵



飲用するかしないかはあくまで自己責任でね😆

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page