top of page
検索
  • 執筆者の写真和泉屋

尿が発電💡

四反田准教授らの研究チームは尿に含まれる糖に着目しました。尿中の糖の濃度は血糖値と相関関係があるため、糖尿病の患者の状態を確認する目的でも使えます。尿の有無も検出できるため、介護現場でおむつ替えの負担軽減にも役立つ。実際の尿に似せた糖を含む溶液を使って発電を試みたところ、センサーが作動し、無線で情報を送るのに十分な電力が得られ、素材を大量生産すれば使い捨ておむつに装着することも可能。だとぉ~😆


おっちゃんも将来はこれに👆お世話になるんかのぅ~😨

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

海霧発生

bottom of page