top of page
検索
  • 執筆者の写真和泉屋

フェイクニュースを暴け

更新日:2021年8月21日

SNS(交流サイト)を蝕(むしば)む偽りや誤った情報はどこに潜んでいるのか。膨大な数の個人がやり取りするネットワークにあって、その足取りをたどるのは不可能だと考えられてきた。ところが、SNSの情報汚染を見過ごせないと立ち上がった科学者のひらめきがフェイクニュースの姿を浮かび上がらせた。 フェイクニュースの特徴を筑波大学の佐野幸恵助教はSNSのネットワークから探ろうとしていた。複雑にみえる社会現象にも「何らかの原理がある」と考える社会経済物理学の専門家。個人の一挙一動よりも集団の相互作用に興味があったに違いない。そんな視点が新発見をもたらした。ツイッターを行き交う情報のうち、2011年の東日本大震災当時のデータを調べた。何千人もの利用者を小さな点で表し、情報を転送した間柄を線で結んだ。災害用伝言板の運用開始を伝える告知は正しい情報だった。点と線が描いたのは発信源を点が取り囲み、星のような形のネットワークだった。 「フェイクニュースと正しい情報では情報拡散の『カタチ』が違う」(佐野助教)。フェイクの姿をとらえた形は発信源がばらつきます。だそうです。😏



確かに、最近ではコロナワクチンにチップが埋め込んであるとか・・・😨

閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page