top of page
検索
  • 執筆者の写真和泉屋

みんな大好き缶詰🥫

缶詰の歴史はとても古く、初めて缶詰が作られたのは今から約200年前のことです。最初に考案されたのは瓶詰めで、缶詰と同じ原理による製造法でした。19世紀初頭、ナポレオンはたびたび軍を率いて外国遠征に出ていたが、常に兵士たちの食料確保に悩まされていました。そこで、食料を長期保存する方法を公募。その時に採用されたのが1804年にフランス人、ニコラ・アペールが考案した、瓶詰めによる食品保存法でした。瓶ごと加熱殺菌した後にふたを閉めるというアペールの方法は、ナポレオンにより絶賛されて多額の賞金を与えられたそうです。食品を美味しく保存でき、しかも軍の食料確保が確実なものとなり、おかげで軍の士気も上がったと伝えられています。6年後の1810年に、イギリスで瓶に変わりブリキ缶で食品保存する「缶詰」が誕生しました。その後アメリカで本格的に缶詰が工場生産されるようになり、1861年の南北戦争の折には軍の食料用に缶詰の需要が増え、一気に缶詰が広まったといわれています。🥫


おっちゃんはさんまの缶詰が大好きです。🥫

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page