top of page
検索
  • 執筆者の写真和泉屋

おコメを食べようぜぇ~※

コメの需要が落ち込み米価が下がる中、よりおいしお米造り、付加価値をつけるかが問われています。そこで、ドローンで水田を撮影し、稲の草丈や茎の数、葉の色といった生育状況を画像から解析する。また、生育が順調でない場合、稲からの太陽の反射光が大きくなる。これらを画像に読み取り「害虫や肥料不足、水温のムラといった原因を特定し、改善する」といった取り組みをして、「でんぷんが多く含まれるコメを安定して栽培」出来るそうです。スゲェ~これにより、粒の整ったコメの生産割合が従来に比べ10~15%向上したそうです。そのおコメはと言うと『完熟米』というブランドです。頑張れ❣『完熟米』※


生育状況画像解析です。

ドローンを活用❕色々できますね😀

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page